NPO法人建築思考プラットホーム

PLAT活動報告

WORKS 2015-2018

「日本のデザインアーカイブ実態調査」事業関連イベント

 

2018年度・仕事場訪問ワークショップ終了

 

 

「日本のデザインアーカイブ実態調査」の関連イベント「仕事場訪問ワークショップ」は
10月4日、建築家・デザイナー黒川雅之さんの会をもって、2018年度分を終了いたしました。
第一回、榮久庵憲司さん、第二回、川上元美さん、第三回、四回、黒川雅之さんの
ワークショップ・レポートは随時、WEBにて公開いたします。2019年度も本事業を継続します。
ワークショップの開催情報はWEBにて随時公開していきますので、乞うご期待ください。

 

 

 

 

 

WORKS_08

第四回仕事場訪問ワークショップ開催、参加者募集

 

建築家、デザイナーの黒川雅之さん 後編

2018年10⽉4⽇(⽊)18:30〜20:30

 

黒川雅之さんのオフィスは西麻布交差点近く、 自ら設計した建物の中にあり、二層分の天井高のあるミュージアムのような大空間。モデルの検証、打ち合わせ、ワークショップなど、目的によって自由に変化する場所です。今回はそんな贅沢な空間で、黒川さんから「細分化した職能を再統合しようとした黒川雅之の挑戦的人生」を語っていただきます。
以下詳細です。

 

 

 ⿊川雅之さん 後編

「細分化した職能を再統合しようとした黒川雅之の挑戦的人生」  

 

「仕事場訪問」ワークショップの第四回は、建築家・デザイナーの黒川雅之さんの後編です。
日本のデザイン界は建築、グラフィック、プロダクト、インダストリアル、クラフトと専門化していますが、
黒川さんは一貫してプロダクトから建築まで、人を包む環境のすべてをデザインしてきました。 今回はその実践ぶりを「細分化した職能を再統合しようとした黒川雅之の挑戦的人生」と題してご講演いただきます。デジタル技術により職業や職能の再編成が進む現在、黒川さんの思想と実践は「デザイナー」という職能のこれからを示唆するものに違いありません。

*「仕事場訪問ワークショップ」は、PLATが実施する日本のデザイン界の重鎮の作品や資料の現状を記録する「日本のデザインアーカイブ実態調査」の関連イベント。先輩たちの仕事場を訪問し、デザイナー自身にその作品や足跡を語っていただくなかで、日本の近代デザインの歩みを振り返り、同時にこれからのデザインを語り合うものです。
なお、7月12日に開催した黒川さんの前編「建築とデザインの近代化の歴史をつくった重大事件の目撃者」のレポートは、近日WEBにて公開いたします。

 

■⽇時:2018年10⽉4⽇(⽊)18:30〜20:30
 トークセッション:⿊川雅之さん(MC 関康⼦)
 懇親会

 

■会場:株式会社K&K内
 港区⻄⿇布3-13-15 ケイプラザ(パロマプラザ)B2 (広尾駅3 番出⼝より徒歩6 分)  地図

 ※到着順に随時⼊室してください。

 

■当⽇の連絡先
 03-3746-3601(K&K) 090-8003-6818(関)

 

■定 員:30名

 

■参加費:無料

 

 

参加申し込みはこちら

 

1.氏名
2.メールアドレス
3.所属

 

を必ず明記の上メールしてください。

 

※定員に達し次第締め切りとさせていただきます。

 

 

主催:NPO 法⼈建築思考プラットフォーム http://npo-plat.org

協⼒:株式会社K&K http://www.k-system.net

   物学研究会 http://www.k-system.net/butsugaku

kurokawa-workshop02

 

 

 

 

WORKS_07

「日本のデザインアーカイブの実態調査」事業関連
 第三回ワークショップ開催

 2018年7月12日18:30~
 黒川雅之さん、株式会社K&Kにて

 

ワークショップ第三回は、プロダクトから建築まで⼈を包む環境すべてをデザインし、同時に多くの著書や講演活動を通してメッセージを発信してきた⿊川雅之さんです。⿊川さんの仕事場は⾃ら設計した建物の中⼆階を含むワンフロア、仕事だけでなく、勉強会なども開催できる変幻⾃在なユニークな空間です。ここで、「建築とデザインの近代化の歴史をつくった重⼤事件の⽬撃者」として、戦後の建築とデザインについて貴重なお話をいただきました。

詳細レポートは近日公開予定です。

 

 

 

 

 

 

WORKS_06

「日本のデザインアーカイブの実態調査」事業関連
 第二回ワークショップ開催

 2018年5月10日18:00~
 川上元美さん、カワカミデザインルームにて

 

ワークショップ第二回は、「NT」「BURIZ」「BRONX」などの名チェア、「Selleza」などのオフィス家具から、「鶴見つばさ橋」などの公共事業まで、「美」と「機能」を融合させた作品の数々を生み出し続けるプロダクトデザイナー、川上元美さんの仕事場を訪問。
川上さんの仕事場は、自ら建築家の渡辺明さんと共同設計した瀟洒な建物です。そこは川上さんのデザイナーとしてのこだわりがちりばめられた、まさに「美」と「機能」が調和した空間でした。詳細レポートは近日公開予定です。

 

 

 

 

 

 

WORKS_05

「日本のデザインアーカイブの実態調査」事業関連
 第一回ワークショップ開催

 2018年2月22日
 GKデザイン機構、ゲストルームにて

 

「日本のデザインアーカイブの実態調査」を通して、デザイン界の巨匠、重鎮のアトリエや仕事場には、彼らの作品や資料では語りつくせない「一人のデザイナーの痕跡」があり、空間も貴重なアーカイブであると考えるに至りました。本企画は、そんな偉大な先輩たちの仕事場やアトリエを体感し、デザインに触れ、学び、語り合うことを目的としています。
第1回は、日本のデザインの礎を築いたGKの榮久庵憲司さん。生前の仕事場を訪問、GK監査役、藤本清春さんのミニレクチャーから、榮久庵憲司さんのデザインの真髄に迫りました。 レポートも公開予定です。

 

 

 

 

 

 

WORKS_04

『建築的冒険者の遺伝子―1970年代から現代へ』(彰国社刊)編集

 

2016年秋、ギャラリーIHAにて開催された連続レクチャー「1970年代の建築的冒険者とその遺伝子」の記録を再編集してまとめた。日本独自の建築が模索された1970年代から今日に至る建築の変遷を辿る一冊。
ギャラリーIHA、法政大学デザイン工学部建築家学科デザイン・ラボ・ユニット(編者)

 

関連:http://www.shokokusha.co.jp/?p=9063

 

 

 

 

 

WORKS_03

日本のデザインアーカイブの実態調査2016報告書

 

日本国内の貴重なデザインアーカイブの現状を、当事者であるデザイナー、建築家、企業、団体、または親類や関係者などにヒヤリングを行い、その内容をレポートとして記録する活動。
2016年度は公益財団法人石橋財団からの寄付助成事業。
詳細はWEBにてご覧ください。

 

関連:http://npo-plat.org/

 

 

 

 

 

WORKS_02

都市・建築・デザインに関わる教育・産業交流事業

 

愛媛県今治市大三島の魅力を伝えるプロジェクト(広報ツール作りに協力)建築家伊東豊雄氏が進める愛媛県今治市大三島の島づくりプロジェクトの一環である、 平成27年度文化庁、地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業「大三島を日本でいちばん住みたい島に」プロジェクトの広報ツール制作に協力。
Omishima.netとバイリンガル冊子『大三島ナビゲイター』を作成した。

 

関連:http://omishima.net/

 

 

 

 

 

WORKS_01

公共空間改修支援事業

 

豊島区立西巣鴨小学校の校庭にある遊具「西巣ランド」を、同校の学童と親、卒業生たちが中心となってペイントを施した。同イベントを企画者である白井宏昌は、今後も塗装メーカー、子どもたと共働して、老朽化した学校、公園などの遊具、学校や公衆トイレ、壁面など、ペイントによるリノベーション活動を拡大していく。動活動は日本空間デザイン賞に入賞した。

 

関連:http://www.coatingmedia.com/news/archives/2016/04/post_7052.html

 

 

 

HEARING & REPORT

どうなっているの?
この人たちのデザインアーカイブ

What's the deal? Design archive of these people

グラフィックデザイナー

原弘    1903年生まれ*

亀倉雄策  1915年生まれ*

粟津潔   1929年生まれ*

永井一正  1929年生まれ

田中一光  1930年生まれ*

勝井三雄  1931年生まれ

福田繁雄  1932年生まれ*

杉浦康平  1932年生まれ

中條正義  1933年生まれ

石岡瑛子  1938年生まれ*

浅葉克己  1940年生まれ

松永真   1940年生まれ

佐藤晃一  1944生まれ*

河北秀也  1947年生まれ NEW

井上嗣也  1947年生まれ

八木保   1949年生まれ

秋田寛   1958年生まれ*

インテリアデザイナー

倉俣史朗  1934年生まれ*

北原進   1937年生まれ*

大橋晃朗  1938年生まれ*

内田繁   1943年生まれ*

杉本貴志  1945年生まれ*

植木莞爾  1945年生まれ

北岡節男  1946年生まれ*

藤江和子  1947年生まれ

 

テキスタイルデザイナー

粟辻博   1929年生まれ*

 

CI

中西元男  1938年生まれ

 

家具職人

宮本茂紀  1937年生まれ

デザインミュージアム・デザイン機関

DNP文化振興財団

国立近代美術館工芸館

JIDAデザインミュージアム

富山県立新近代美術館

金沢工業大学建築アーカイヴス

トヨタ博物館

国立建築資料館

日本デザイン団体協議会(D-8)

大阪新美術館建設準備室 NEW

 

調査対象については変更する可能性もあります。

調査対象(個人)は、2006年朝日新聞社刊『ニッポンをデザインしてきた巨匠たち』を参照し、すでに死去されている方などを含め選定しています。

*は死去されている方です。

 

WORKSHOP

仕事場訪問ワークショップ